米国への未成年者渡航について(2012年9月10日)

平素より格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。

米国国土安全保障省税関・国境警備局(CBP:United States Customs and Border Protection)より、未成年者(18歳未満の方)が単独または片方の親同伴で渡航する際、両親または同行しない親からの「渡航同意書(英文)」が必要になる旨、通達されております。

大変お手数ではありますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

■詳細(ビザハンドブックより)

8月20日現在、18歳未満の方が単独または片方の親同伴で渡航する場合、両親または同行しない親からの渡航同意書(英文)が必要です。
修学旅行や研修旅行などの団体渡航の場合も必要です。

同意書は自由フォームです。
同意書は公証を受けるよう、米国当局より推奨されています。
公証については、公証役場へお問い合わせください。

離婚や死別等、法的な親権者がいない場合、その理由を証明する書類(戸籍謄本等)、片方の親を指名する出生証明書、死亡診断書などを提出(いずれも英語)ください。

なお、同意書は必ずしも入国時に提出が求められるものではありませんが、求められた際に提出できない場合、入国を拒否される可能性があります。

※本文は「米国国土安全保障省税関・国境警備局ホームページ(英文)」よりご確認をお願い致します。