米国へ渡航される方へ 電子渡航認証システム(ESTA) 申請のご案内

2009年1月12日以降、日本国籍の方で観光、短期商用等の90日以内の短期滞在目的で米国(アメリカ/ハワイ/カナダ/メキシコ/中南米)を訪問(及び乗継ぎ)される場合は、査証(ビザ)を免除されており、米国の査証を取得する必要はありませんが、事前に電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization:ESTA)に従って申請を行い、認証を受けることが必要となりました。

この認証を受けていないと航空機等への搭乗や米国入国を拒否されます。(乗り継ぎで米国・カナダ・中南米等へ渡航するケース等も含まれます。)
         
電子渡航認証システム(ESTA)の詳細及び申請につきましては、下記米国大使館ウェブサイトよりお客様ご自身にてご確認のうえご出発に間に合うよう余裕を持ってお手続きください。

■詳細及び申請はこちら(米国大使館のウェブサイト)
http://japanese.japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-esta2008.html

なお、米国政府は、ESTA申請時にシステム使用料として一人あたり14米ドルの手数料が発生します。手数料の支払いは、ESTA専門ウェブサイトを通じて行い、その際支払い可能なクレジットカードは、MasterCard、 VISA、American Express及びJCB、またはデビットカードのみ使用可能です。
詳細は、ESTA専門ウェブサイトにてご確認ください。

外務省発信の電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization:ESTA)の詳細はこちら

ESTA(電子渡航認証)、ビザ(査証) 申請手続き代行はこちら